日本あるいは海外での職務経歴が重要

フィリピンでの仕事をする場合であっても、いきなりフィリピンに派遣されるのではなく、まずは日本である程度の経験を積んでからフィリピンに赴くようなケースもあります。

特に日本の企業に就職をした上で駐在員としてフィリピンにて働くようなスタイルですと、会社の都合でいつでも日本からフィリピンに転居することが可能である柔軟な方が歓迎されるでしょう。

もちろん、フィリピンで長期間仕事が続くこともあれば、会社の都合によって今度はフィリピン以外の他の国での仕事をするように辞令が出たり、日本に帰国して仕事をするようになるかも知れません。

駐在員として働くことは、いくらフィリピンが気に入ってずっとそこのオフィスで働きたいと思っても、自分の都合では残ることが出来ないことは覚悟しておかないとなりません。

日本でおこなっている仕事、その技術を現地のフィリピン人従業員に教えてあげることも大切な仕事ですから、まずは本人がきちんと完璧に近い状態で仕事をこなしたり、指示することが出来る能力を兼ね備えてなくてはならないのです。

若い方でしたら数年は日本でしっかりと仕事を身につけた上でフィリピンに派遣されることもありますし、すでにいろいろな経験を持っていて、管理職としての仕事も充分こなすことが出来る方でしたらすぐにフィリピンに派遣されることもあります。

すでに持っている経験、経歴などによっても違いが出てくるといえるでしょう。

ページの先頭へ