ガードマン、メイドは普通、住まいのこと

駐在員としてフィリピンで生活をする場合には、日本における平均的な収入、もしくはそれ以上を得ることができているとなると現地においてはかなりの富裕層に分類されますから、快適に過ごすことが出来るでしょう。

ただし、日本に比べるとまだまだインフラや交通網が発達していませんから、利便性については不満な点が出てくることもあるかも知れません。

そういったことを特に気にしないのであれば、高級コンドミニアムに住み、家事はすべてメイドさんに任せて、そして移動の際には専属の運転手をつけることが出来たりなど、日本ではなかなか出来ないような贅沢な生活を送ることが出来るのです。

待遇面は、雇用先の企業によって異なりますが、たとえば現地で必要な車に関して社用車を貸与されたり、その際の運転手をつけてくれることもあります。

毎日オフィスに出かける通勤時だけではなく、休日のレジャーなどでの外出にも運転手がついてくれますから、とても安心です。

運転免許証があればご自身で運転することも可能ですが、日本とは違って交通ルールが守られなかったり、渋滞がひどいなど危険なこともありますから、現地の交通事情に詳しい運転手に任せた方が良いでしょう。

また、メイドさんに関してはご自身で雇用するケースがほとんどで、特に今まで日本人の家をお世話していたことがある経験を持っている方ですと安心でしょう。

簡単な日本語が話せたり、日本食を作ることが出来たり、小さな子どもの世話が出来たり、いろいろいな方がいらっしゃいます。

ページの先頭へ